Home

へらの本棚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

美しさは二の次

  • Posted by: へら
  • 2012-11-27 Tue 07:21:37
  • 小説
何はともあれ、完成させることが正義、コードの世界でも小説でもそう。
最近思っているのはこんなかんじです、どうもへらです。

だいたい設定が出てきたのでとりあえずプロット書いています
30DPぐらいに収めたいので配分していますが、少し風呂敷を広げすぎたかもしれませんね、テヘ、って感じになっていてさあどうしようかなとか思っています。
コンパクトなのはコンパクトで味気ない。。

で、プログラマっていうのはなんか変な美徳意識があって、コードに汚いとか美しいとか言い出すんですよね。コード書いたことがある人は「言い出すとは何か」と怒るかもしれませんが、ただの命令の羅列に美しいも汚いもあるわけがないだろうと一般人には見えるのです。
例えば、車好きの人は車に美しさとかを感じるわけです。でも一方で走ればいいとか、快適であればよくて見た目は特に変でなければいい、という人もいます。
機能美とはクラスタに属する人間にしか味わえない感覚なのかもしれません。
何が言いたいかというと、まあ、自分にしか分からない価値観をなんとかしてなんとかして日本語に直して伝えようと四苦八苦しているわけです。まあそんなところ。

この話、掘り下げたいなー。

プログラマと文筆家ってやっぱり似ているというか

  • Posted by: へら
  • 2012-11-25 Sun 03:04:19
  • 小説
結局プログラマも物書きであるがゆえに
物書き⊇プログラマ
なんだろうなあって思っています。どうもへらです。

コミケ受かりました。
とりあえず場所だけ。
1日目 東Q-55a だそうです。
今確認したけれど一番初めに参加したコミケみたいに誕生席の近く。。
人通りが多いので目にしてくれるひとが多いといいですが、今回はPOP的なものを用意しないかもなので、人目につきなさそうな気がしますがさていかに。

さあ前回参加した時とはうってかわって社会人なので、なんか嗜好が変わっていて、オーバーウェルミングとか見ると、学生の時には許せた粗さとかがなんか許せ無くなっていて、さてこれどうしようかなって思っている次第です。
なのでたぶんオーバーウェルミングの続編はまだ先になりそうです。

ところで僕の分野はSFライトノベルだし、これまでの作品が戦闘機モノなのですが最近はプログラムばっかり書いている(職業プログラマなので)ので、ソレ系にしようかなって思っています。
ブラッディ・マンデイみたいな感じになるのかな。読んだこともないのでわからないですが、もしかしたら似たような点はあるかも。
できる限りライトノベル風に仕上げるつもりです。

なので冒頭のやつに戻るわけですが。
プログラマ≒物書き
ただし、プログラマに伏線は許されない。出来る限り前後関係のある処理は書かない。
参照透過性だの副作用だのというのですが。
説明するとある処理ブロックに入力が渡されると出力が出てくるみたいな構造をつくることがよくあります。で、参照透過性を確保するには、Aという入力には絶対にBという出力を出さないといけない。CとかDとかが出てくると入力以外の要素からも計算を行なって出力していて参照透過性が失われるというわけです。さらに出力以外に外部の他の数値などをいじってもダメ。これを副作用といいます。
小説の世界は参照透過性が確保されているとつまらないですし、小説の体をなしません。副作用ありきです。ゆえに書き手のコントロールが難しい。
最近、プログラム書いているとプログラムをテストするためのプログラムも書くのですが、小説もこんなふうに生産的に書けないかなって最近思っています。こりゃ言語学の域なんでしょうが。

さて、うだうだ言ってないで書きます。

明日から本気出す

  • Posted by: へら
  • 2012-05-28 Mon 01:59:36
  • 未分類
明日から本気出すといってもどうせ明日はお仕事なので、たぶん書かない。
どうもへらです。社畜でございますが、畜の字を使う程でもないと思います。ときどき終電に帰るぐらいなので。

そんでもって、コミケの当落発表が近づいていますが、落ちたから音沙汰無しなんてことも考えられるために自分を追い込むためにとりあえず「書いている」宣言はしておきたいと思います。

2作書いています。

一つはオーバーウェルミング2巻目。まあ前回のやつが全部売れたことは売れたんですが、あの冊数だと反響も無いのも当たり前で、いまいちモチベは上がらないものの、やっぱり僕が続きが見てみたいということで、自分で書いています。自家発電はエコでいいですね。

もう一つはなんかライトSFライトノベルの短編っていうライトでSFをサンドイッチしたようなやつ書いていますけれど、書いていたらシリアス寄りでさてどうしたものかと、方向修正している日々です。今はこっちメインですね。

オーバーウェルミングは今まで適当知識で書いてきたので、東京に近い環境に今はいることを利用して、神保町あたりをうろつきたいと考えています。主に軍事関係。オーバーウェルミングは軍事軍事した小説ではないので、抑えて抑えていきますけれど。

話は変わりますけれど、あの短編は今まで僕がいかに普通のライトノベルを書いていなかったかを思い知らされていて、んなもんですから、実は今まで読んでいなかった、SFライトノベルといえばっていう作品、ハルヒを読んでいたりします。
お勉強の日々です。

お仕事は楽しいです。自分ではゲーム作っていると思っています。人によってはそう思わないかもです。でも楽しいです。

ですです、ばかりでしたけれど、とりあえず途中経過報告終わります。

アーアーアーア

  • Posted by: へら
  • 2011-06-01 Wed 05:21:07
  • 所感
どうも、今日のテーマは阿吽の呼吸、いつもどおりのへらです。

ひでぇタイトルですが何も思い浮かばかなかったからこんなもんです。

ちょっと今のお仕事まとめてみます。


    オーバーウェルミング上巻 30枚程度/300枚程度

    SF 夏コミ(C80)新刊

    夕暮れカフェのベルが鳴る(仮)

    ミステリ? 新人賞かネットで公開

    クリティカル・ポイント!(仮)

    バトル物・ラブコメ たぶん新人賞。もともとはGA後期向けだったかな


こんな感じです。今は一番上の夏コミ向けのやつに専念しているのですが、そういえばあとの二つがありました。講談社さんがラノベチャレンジカップなるものを発表しちゃったので、それもアタマに入れて書きたいです。
今日は5000文字ほど書きました。やっと飛行機が出てきてくれたので、ノッたのかかなり進みました。こっからも面白い展開なので、さっさと書きたいです。
あとちょっと頭を悩ませているのが上巻と来れば下巻があるわけですが、どうもこの構想だと上中下がいるわけで、もしかしたらそれでも収まりきらない気がするんです。どうなんでしょ……どうなんでしょ……。1巻2巻にしたほうがいいかなー。夏コミの申込時には上巻て書いたけれど、別に変えてもいいよね。むしろ時間あるなら中巻の分もいれちゃって結局上下巻構成にしろって話ですが。値段上がるよ、でも。

ちなみに僕の指が走るパターンは三つぐらいあって、飛行機やらメカが出るのと、バトルシーンと、あとは掛け合いですかね。バトルシーンはかなり先ですし、掛け合いも出来るほど主人公達が知りあってから時間経ってないので出来ない状態。ま、あとで修正することも考えています。読み進められるように。
今の時点では書き進められるように書いているというのが実情です。書き手にやさしいように。細かいところはスルーして。あとで大修正を加える予定ですし、とりあえずこれでいいでしょう。これでいいはずです。これでいいはずさっ!

ま、そんなこんなで休息します。

ちょっとだけよ

  • Posted by: へら
  • 2011-05-29 Sun 05:50:00
  • 所感
なんかちょっとだけ書きます。ブログって言うのは継続力が命っていうらしいですから。

どうもへらです。

継続力と言いながら1日ぐらい書いていませんでしたね。何故かバタンキューして14時間ぐらい寝てました。んでもってバイトだったので、書く暇ありませんでした。ブログを楽しみにしている俺ごめんなさい。

でまあ、書いているんですけれど、小説。あーもう、なんか場面をこちとらが飲み込むまでやはり指が動かないんですよね。今時筆で書いていませんから、筆が動かないとは言いませんけれど。慣用句と考えれば筆が動く動かないでいいんですかね。将来、紙に鉛筆やらボールペンで文字を走らせたことがない世代が現れたときに「筆が動くって何?」って言われたら、どうしましょう。説明する以前にカルチャーショックを受けそう。
そういえばカセットテープってもうありませんよね。僕はぎりぎりカセットテープを知っている世代です。小学生で終わってしまいましたが。あとMDの時代は我が家にはありませんでした。カセットウォークマンの次はCDウォークマン、その次はフラッシュメモリのウォークマンです。CDのはガム電池のやつ。フラッシュメモリのは豆型をしているやつですね。1GBだったかと思います。高校生の時使っていましたが、その後メモリースティックが刺せる携帯電話に買い換えたのでそれに完全移行です。今はXperia arcに入れて持ち歩いていますが。

って、そうなんです。僕ソニー信者なんですよ。キリッ。信者が信者ってあんまり言うもんじゃないですけれど。寝ているときにエホバの証人の人が来て、寝ぼけながら、ていうか何しゃべってたか記憶にないんですけれど、結局なんかのチラシみたいなの渡されて、玄関に置いてまた寝たら、チラシを後日発見した親が本気で心配したことがありましたね。寝ぼけてなかったら、「神様って何ですか? よくわかんないんですけれど? ええっ、輸血とかダメなんですか! 僕、小さいころよく傷口の血ィ舐めてましたよ。あの鉄分と塩分が複雑に絡み合った味が大好きでしてねえ」って言うふうに言うんですが、その後普通に門前払いをしてしまったので、チャンスが無くなってしまいました。

どうでもいいんですけれど、てか寝ます。ちょっとだけだったのに……。おやすみなさい。

Home

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。